TopPage > HIPHOP(ALBUM) > 神門 / エール

神門 / エール

誰しもが抱く 淡い希望と、大きな夢と妄想と、どう“しよう”もない現実。それら全ての些細な事から人生の岐路まで、現状を真っ向から表現し続けてきた神門だからこそ出来た“人間味”“ド・日常”が詰まったアルバム完成!

2007年当時から 失恋、生と死、就活、チケットノルマ、バイト・・・等、なかなかラッパーが選ばない、今そこにある日常を赤裸々にリリックにしたためてきたラッパー神門。 
誰しもが抱く 淡い希望と、大きな夢と妄想と、どう“しよう”もない現実。それら全ての些細な事から人生の岐路まで、現状を真っ向から表現し続けてきた神門だからこそ出来た“人間味”“ド・日常”が詰まったアルバム完成!


<アルバム説明>
制作期間に三年を費やした前作『親族』から約一年。
当初三部作の二部目として予定されていた9th アルバム。
しかし、コンセプトなどは一切取り払い、今“書きたい” あらゆるトピックを詰め込んで一枚のアルバムを作ることに。
結果、非常にバラエティーに富んだ作品に。自身の代表作とも言えよう。
九枚目にして初めて、「自分ではない誰かのために作品を作りたいと思った」という今作、その名も『エール』。
独特の題材選びは本作でも健在。
電車の路線図を見るふりをして座席を譲る描写から始まる、街に転がる優しさを歌った「光景」。
お土産をめぐるやり取りを通し、物を贈ること、贈られることについて考える「土産」。
ラブソングを歌い続けてきた彼だからこそ歌える、新しい形のラブソング「夫婦」。
神門の真骨頂とも言える、身を削った剥き出しの歌詞が連打される応援歌「エール」。
彼独自の世界が詰まった全13 曲のフルアルバム。今作を引っさげ、2013 年より休止していたライブ活動も5 年ぶりに再開。本作は、神門のキャリアの中でも重要な一枚になるだろう。





■PROFILE
1986年生まれ。神戸在住。
2005年より活動を開始。
2007年に1stアルバム『三日月』をリリース。
赤裸々で等身大のリリックが話題を呼んだ。
その後、『こころ』『栞』『神門』と立て続けにアルバムをリリースする。
2010年には自身初のワンマンライブを東京で行い、成功を収める。
2013年、5thアルバム『上弦下弦』をリリースした直後、制作専念のためにライブ活動を休止。
制作活動専念後も、『苦悩と日々とど幸せ』『色彩』『Azalea』『親族』と多数作品を完成させる。
そして、ライブ活動休止から約5年、9thアルバムとなる本作『エール』の発売と共に、ライブ活動再開を発表。


商品コード: 118110109077
商品名:神門 / エール
販売価格(税込) 2,700 円
通常価格(税抜): 2,500 円
ポイント: 25 Pt
関連カテゴリ: HIPHOP(ALBUM) 日本語RAP(ALBUM)
個  数:

TRACK LIST 【トラックリスト】

1.朝焼け
2.光景
3.土産
4.スイッチ
5.漫才
6.昨日
7.泥濘
8.浮雲
9.小品
10.夫婦
11.落とし物
12.エール
13.半径

関連する商品

神門 / 親族 神門 / 親族

価格(税込) 3,240 円

神門 / 苦悩と日々とど幸せ 神門 / 苦悩と日々とど幸せ

価格(税込) 3,024 円

神門 / 上弦/下弦 (2CD+2DVD) 神門 / 上弦/下弦 (2CD+2DVD)

価格(税込) 3,240 円

小林勝行 / かっつん 小林勝行 / かっつん

価格(税込) 2,500 円